効果的なネズミ駆除の方法

subpage1

「最近、天井からコトコト音がする」「台所で食い散らかされたあとがある」こんな現象に心当たりがありませんか?そんな時は真っ先にネズミによる被害を疑いましょう。


気のせいだ、と放置すると、ダニやノミの発生を許すだけでなく、柱や壁がかじられて傷んだり、最悪の場合、家電製品のコンセントや電気配線がかじられ、故障・発火の原因となります。
ネズミ駆除と言われれば、粘着シートや毒の餌・毒だんごなどがまずイメージとして浮かぶでしょう。


もちろんこういったグッズを用いることで、ネズミ駆除は十分に図れます。

しかし、これらグッズを設置する際にちょっとしたコツを用いることで、効果は飛躍的に向上します。

まず、粘着式シートや毒だんごを用いる際は、ネズミがよく通る場所に設置しましょう。家具と同化するように置くと、通路と勘違いして入りやすくなります。

また、付近にはエサとなる人間の食べ残しや食べカスなどがないよう、きれいに掃除しておきましょう。

せっかくの毒だんごも引っかかりにくくなります。



また、巣材となる新聞紙やちり紙、段ボールは放置せず、こまめに処分しましょう。

今、最も注目を集める東京新聞関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

ネズミは暗い場所・物陰を好むので、部屋はきれいに掃除して、見通しをよくすることにより、さらに通路に設置した罠にかかりやすくなります。
また、せっかく駆除できても新たに侵入しては意味がないので、壁の隙間やひび割れを埋めて、通風口は鼠返しや金網を用いることにより、侵入経路を断ちましょう。



これらを全て実行することで、かなりの高い精度での駆除が可能となります。