ネズミを媒介した病気と駆除の必要性

subpage1

ネズミはとても怖いという認識を持っていることは大切です。

たとえば、小さな赤ちゃんやお年寄りには噛みついてくることがあります。

噛まれたところが縫うほどの怪我をしたり、そこから感染症が引き起こされたり、アナフィラキシーショックを引き起こすケースもあり、大変危険です。



また、噛みつかれなくてもネズミの体や糞の中に、サルモネラ菌やレプトスピラ菌、ハンタウイルスなどがいる場合があり、出血熱やハンタウイルス肺症候群、食中毒など様々な病気を引き起こすことがあります。

産経ニュース関しての情報探しを行うならネットが便利です。

かつてヨーロッパで大流行し多くの人が死亡したペストもネズミを媒介して広がりました。

また、日本では感染例の報告がありませんが、ハンタウイルス肺症候群は治療法が存在せず、感染者の50%が近くが死亡しています。

このような恐ろしい被害を防ぐためにも、ネズミが家に住み着くことのないようにしっかり管理し、万一住み着いてしまったらそのまま放置せず、徹底的に駆除していくことが大切です。

ネズミの駆除はかなり時間と根気の必要な作業になります。



また、プロフェッショナルな業を要求されることも少なくありませんので、市販の駆除用品で効果がない場合は、速やかにプロの駆除業者に連絡を取ることをおすすめします。


また、当たり前のことですが、餌となるような食べ物が落ちていないように、いつも清潔な環境にしておくことや、外から侵入しないように穴などに気が付いたら塞ぐことが大切です。