ネズミを駆除せず放置すると家屋に被害が出ます

subpage1

周辺に自然が多い環境や、古い木造家屋にはネズミが住みつくことが多いです。


夜中にネズミが走り回る音もしますし、死骸は見て気持ちがいいものではありません。

駆除をせずに放置していると、ゴキブリと同じように菌や腐敗した食べ物を運び、衛生状態が悪くなります。

ネズミの糞に接触したり、噛まれることによって腎症候性出血熱や鼠咬症など、場合によっては死にいたる病気に感染することがあります。
19世紀の日本や世界ではネズミが媒介するペストで多くの人々が亡くなりました。


人体にとっては非常に大きな脅威になります。また、尖った歯を持っていることから、建物の設備を破壊します。



高圧電線が噛みちぎられてショートし、火災が発生した例もあります。



他にも糞尿や死骸により壁面にシミができます。住む家の価値を守るためにも駆除をしっかりと行う必要があります。
日本の家屋で見られるのはドブ、クマ、ハツカネズミで、巣を守る意識が強く、他の群れとケンカをすることが多いです。対処法としては、まず家屋の隙間を金網やパテでなるべく塞ぐようにします。


この時、残飯や生ゴミなどをきっちり処理し、餌がない状態を作ることも重要です。


噛みちぎられる危険がある電線には、カプサイシン系の忌避塗料を塗ると効果があります。

様々な分野の産経ニュースを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

次に、通り道になっているポイントに捕獲機を設置し、殺鼠剤を散布しましょう。
これだけで大部分は駆除できますが、それでも発生が抑えられない場合はプロに駆除を依頼しましょう。